病院のご案内

病院職員のインフルエンザワクチン予防接種率

病院職員のインフルエンザワクチン予防接種率

●指標の説明
医療機関を受診する人々は免疫力が低下していることが多く、病院職員がインフルエンザに罹れば、その職員から感染してします可能性が高くなります。このように、病院職員のインフルエンザワクチン予防接種率は、患者の安全にかかわる指標といえます。当院でも、職員が予防接種を受ける体制を組織的に整えています。

分 子
分 母
2017年度
586
601
2016年度
502
523
2015年度
477
477
2014年度
458
477
2013年度
412
431
分子:インフルエンザワクチンの予防接種をした職員数
分母:常勤職員数