|||||||||||||||||||| 医療の質評価指標 /病院のご案内|津田沼中央総合病院

病院のご案内

薬剤指導の実施率

薬剤指導の実施率

●指標の説明
患者さんに薬への理解を深めてもらうことは、安全かつ正しい服薬に有効であるとされています。当院では、患者さまに安心して、安全かつ質の高い薬物療法をうけていただくために、薬剤師がベッドサイドにおもむき、お薬の説明や服薬状況・効果・副作用の確認をしています。

分 子
分 母
2017年度
3345
3413
2016年度
3306
3341
2015年度
3196
3250
2014年度
3398
3435
2013年度
3209
3292
分子:薬剤管理指導を実施した患者数
分母:入院中に一度でも投薬又は注射した退院患者数
※診療報酬上の算定定義とは異なります。