病院のご案内

褥瘡発生率

褥瘡発生率

●指標の説明
褥瘡は、看護ケアの質評価の重要な指標の一つです。褥瘡は、患者のQOL(生活の質)の低下をきたすとともに感染を引き起こすなど、治療が長期に及ぶことによって、結果的に在院日数の長期化や医療費の増大につながります。そのため、褥瘡予防対策は、提供する医療の重要な項目の一つにとらえられています。多職種がチームとなり、褥瘡の予防や早期治癒に向けた取り組みを実施しています。

分 子
分 母
2017年度
82
87550
2016年度
47
61472
2015年度
35
60507
2014年度
29
59091
2013年度
71
58738
分子:褥瘡の深さがd2以上の院内新規発生患者数
分母:入院延べ患者数
※ここでいう、入院延べ患者数には、
 褥瘡がある状態で入院された患者さんと、入院中に
 褥瘡が発生した患者さんは除外しています。
Depth(深さ)
内容
d0
皮膚損傷・発赤なし
d1
持続する発赤
d2
真皮までの損傷
D3
皮下組織までの損傷
D4
皮下組織を超える損傷
D5
関節腔、体腔に至る損傷
DU
深さ判定が不能の場合