医療関係者の方へ

在宅サービスのご案内

津田沼中央総合病院では、地域の皆様に安心して
在宅で療養していただくために
訪問診察・訪問看護を行っております。

在宅療養支援室は、看護師2名、クラーク1名の計3名で運営しており、主な業務は「訪問診察」を行っております。訪問診察とは、高齢や脳血管障害などのために通院が難しい患者様のお宅に、定期的に月に数回お伺いして医師の診察を行うものです。一般的に、急病時に訪問診療を行う“往診”とは異なります。ご利用の際には、あらかじめ在宅療養支援室スタッフが面談をさせて頂き、ご自宅での療養の状況に合わせて個別にご相談をうけたまわっております。安心してご利用頂きたいと存じます。

その他にも、訪問看護をご利用の患者様につきましては、患者様・訪問看護ステーションと医師との連絡の窓口、また、近隣の老人ホームなどの施設からの患者様の受診の窓口としても機能しております。 ご自宅での療養や介護に不安のある方、定期的通院が難しい方、訪問診察・訪問看護をご希望の方は在宅療養支援室またはケースワーカーまでご相談ください。

  • 訪問看護

地域連携

▲ページのトップへ