就職・研修を希望される方へ

PT・OT・ST - 教育研修システム

教育研修システム

PT・OT・ST 教育研修システム

新人教育体制 プリセプター制・チーム制(1チーム:3~4人)での新人指導
キャリアラダー(職能要件)を用いた人財育成
教育目標 3年間かけて急性期病棟・回復期病棟を経験し、担当患者様のリハビリの実施から、退院調整まで一人で自立して行うことができる。
1~2年目 急性期または回復期病棟に2年間所属。病棟の特性や役割を理解し、先輩の助言の下、セラピストとしての役割を果たすことができる。
3年目 ジョブローテーションにて配置変更し、急性期または回復期病棟に1年間所属。
幅広い視点を持ち、患者の個別性を重視したリハビリを実践できる。
2年でジョブローテーション 3年かけて育成

リハビリテーション科ジョブローテーション

能力開発(研修・勉強会)
  • AMG技術研修会
  • 科内研修・学会・研修会(外部・AMG内)※いずれも個人目標管理に基づきます。
  • 回復期病棟主催の勉強会
  • 全職員対象の院内勉強会 1回/月
  • 各病棟勉強会(平成26年度実績:整形外科・外科・回復期 計8回)
  • リハビリ専門医によるカンファレンス 3回/月
    ・診察 ・画像診断 ・リハアプローチのアドバイス ・予後予測 ・VF検査 等

▲ページのトップへ