就職・研修を希望される方へ

MSW - 教育研修システム

教育研修システム

MSW教育研修システム

津田沼中央総合病院のMSWはプリセプター制度を採用しています。少し上のMSWがプリセプターとなり、1年間指導。部署内での勉強会も月2回あり、事例検討や制度改正の勉強をしています。急性期から慢性期まで、色々な種類の病棟があるので、様々なケースに対応できる力をつけられます。

☆1年目MSWは、達成チェックリストに沿って、業務を学んでいきます。

目標達成時期 達成項目
4月 他職種連携の意義を理解し、マネージメントができるようになること。
電子カルテの使い方を理解すること。
そのほか、勤務に関する諸事項を理解・把握すること。
5月 医師の顔・名前を把握すること。
各病棟の特徴や責任者を把握すること。
リハビリスタッフの役割を理解すること。
6月 入院相談の電話の受け方が分かり、電話が受けられる。
入退院の流れを把握・入院判定のかけ方を理解する。
入院相談の面談をできるようになる。
介護保険の仕組み、申請の仕方の説明ができるようになる。
介護保険施設から入院した人の退院調整ができる。
7月~8月 施設の種類がわかる。
近隣病院や施設の名前・場所・役割を把握する。
介護保険サービス利用・施設入所の支援ができるようになる。
包括支援センターの役割と場所が分かる。
生活保護の制度の理解・受給している人の支援が出来る。
労災制度・利用の支援ができる。
9月 緊急の入院依頼に対応できる。
基本的な疾患・基本的な障害についてわかるようになる。
ケースのアセスメント・援助計画がたてられるようになる。
一年間で
達成する項目
診療報酬の仕組み・基本的な診療報酬点数の把握
DPCの理解

▲ページのトップへ