就職・研修を希望される方へ

検査技師 - 教育研修システム

教育研修システム

検査科 教育研修システム

臨床検査技師1年目の仕事内容は、生体検査と検体検査が中心となります。
検査技能の習熟度や教育内容をチェック表にまとめ、自己評価、指導者評価を行います。
先輩から教わりながら実践し、検査技能だけではなく、機器のトラブル対応まで学んでいます。

【検体検査】
  • 各生化学検査
  • 各免疫学検査(輸血を含む)
  • 各血液学検査
【一般検査】
  • 検尿一般 HCG定性 便潜血検査 
  • 髄液一般 穿刺液一般 精液検査
  • 尿中性肺炎球菌 尿中レジオネラ抗原
  • C/Dトキシン ロタウィルス抗原 ノロウィルス抗原
【細菌検査】
  • 喀痰塗沫染色(チールネルゼン)
【生理検査】
  • 心電図 負荷心電図 ホルター心電図
  • エルゴメーター
  • ABI/PWV検査 脈波検査 血管年齢
  • 語音・聴力検査 重心動揺
  • 肺機能  脳波  各超音波検査
  • 睡眠時無呼吸症候群のPSG
  • パルスオキシメーター
【病理検査】
  • 細胞診検査
  • 病理解剖の補助業務

3カ月毎にランチョンセミナー開催(病理・細胞診レクチャー・症例検討など)

上記のほかに、学ぶ環境としては院内だけでなく外部の病院、学会、セミナーなどにも積極的に参加し常に最新の情報を得るようにしています。
また、院内で勉強会も開催しており、興味のある分野で知識を高めています
2年目以降は、当直業務が始まります。

☆認定検査技師の取得を支援しています!

<在籍認定検査技師>
◎日本超音波医学会認定技師:超音波検査士(体表臓器) (循環器) (消化器) (泌尿器) (産婦人科)
◎日本臨床細胞学会認定技師:細胞検査士

▲ページのトップへ