就職・研修を希望される方へ

看護助手 - 教育研修システム

教育研修システム

未経験から、介護職にチャレンジしようとお考えでしょうか?
津田沼中央総合病院で学べることや看護助手・介護福祉士の教育システムをご紹介します。
就職や転職をお考えになるにあたって、ぜひ、参考にしてください。

看護助手・介護福祉士のための教育研修システム

目的 働く環境や、チームの一員としての役割を理解し、看護補助業務を遂行するために必要な基礎知識・技術を身につけた看護補助者の育成
内容 研修講和・実践・ナーシングサポート(講義映像)の活用
毎年5回の講義研修
毎月の技術チェック・ナーシングサポートを受講しレポート提出
「認知症の知識と理解」「転倒・転落予防の具体策」「感染予防」「介護記録」「移乗・移動・体位変換」「薬剤に関する知識」「終末期ケア」など
講義内容 ビデオ研修
4月 医療制度概要 接遇マナー講座・安全対策研修
病院機能と組織理解 感染予防対策研修など
5月 介助方法について(基礎編) 医療チームおよび看護チームの一員としての看護補助者業務の理解
6月 嚥下障害について(VFについて) 排泄のお世話
排尿・排便のお世話、おむつ交換など
7月 守秘義務・個人情報の保護
8月 認知症・高次脳機能障害について 清潔のお世話
入浴・清拭・洗髪・身だしなみ
9月 患者・家族とのかかわり方
10月 感染対策について 医療安全
事故防止の基本的心構え、事故発生時の対応
11月 介助方法について(応用編) 移動のお世話
歩行・車椅子・ストレッチャー・スライディングシートなど
12月 労働安全衛生の基礎知識
1月 環境整備について(ベットメーキング、リネン交換)

▲ページのトップへ