就職・研修を希望される方へ

看護助手

看護助手のお仕事を紹介します

看護助手のお仕事の内容は?

津田沼中央総合病院

看護助手は、医療・看護の現場で、看護師のサポートをするお仕事です。
看護助手は、医療行為を行うことはしません。
病院の病棟、外来、手術室などで勤務していただき、入院している患者さんの食事のお世話や入浴の介助などの身の回りのお世話のほか、患者の家族への連絡、診療の際の誘導、備品管理などを担当してもらいます。
医師や看護師などのスタッフがスムーズに働けるように行動し、患者さんを笑顔でやさしくサポートすることが重要です。
直接、患者さんと関わる重要な業務ですので、頼られたり感謝されたりすることが多く、やりがいのあるお仕事です。
特定の免許を必要としないため、未経験でも医療の現場で働くことができます。

看護助手にはどんな人が向いているの?

津田沼中央総合病院

看護助手のお仕事には、特別な資格やスキルは必要ありません。
未経験でもチャレンジできるお仕事です!
求められるのは、誰かの役に立ちたいという気持ちや、温かい思いやりの心です。
誰かのお世話をするのが好きな人にぴったりのお仕事です。
もし、介護の経験があるならば仕事に活かすことができます。
看護助手の中にはホームヘルパーや介護福祉士などの資格取得を目指している人も多くいます。
また、わずかなミスが患者の命に関わる医療の現場では、責任を持ってしっかりと業務に当たることができる人が向いているでしょう。患者の身の周りの世話をするという事はコミュニケーション能力も必要となります。患者とだけではなく、看護師とのコミュニケーション能力も重要です。

どんなキャリアアップにつながるの?

津田沼中央総合病院

医療現場を経験することで、さらにステップアップやキャリアアップを目指す人も多くいます。
ホームヘルパーや介護福祉士などの資格取得を目指している人も多くいます。
当院では、看護助手職員として入職後、ヘルパーの資格や介護福祉士資格を取得している方もいます。

看護助手として入職後、介護福祉士の資格を取得した方がいます!

津田沼中央総合病院

「私は津田沼中央総合病院で看護助手として勤務しながら、介護福祉士の資格を取得しました。もともと、介護に興味があり、何も経験も知識もなかったので、まずはヘルパー資格を取るために勉強していたんです。

そんな時、未経験でも勤務できる津田沼中央総合病院の看護助手の求人を見つけたので、介護職員として携われる看護助手として働くことを選びました。

入職してからは、1から10まですべてを教えてもらいました。何度でも同じことを聞いていいといわれて、とても安心して仕事ができました。
もし、介護に興味がある、資格を取得したいという気持ちがあるなら、ぜひ一緒に働いてみませんか?」

▲ページのトップへ