就職・研修を希望される方へ

事務 - 先輩メッセージ

先輩からのメッセージ

医事課 所属長よりメッセージ

医事課 所属長

『病院の顔として、
 なくてはならない存在』



当院への就職を希望する方へ
医療事務職員は、患者さまや利用者さまから常日頃より頼りにされる身近な存在でなければなりません。

特に、病院の正面玄関を入ってから、最初に対応するのが総合受付窓口にいる医事課職員です。挨拶、笑顔、言葉遣い、接遇能力、説明や案内の仕方、電話対応など、すべてにおいて必要なスキルとなります。ゆえに、『病院の顔』として、なくてはならない存在が医事課職員であります。

また、医師・看護師・各部門の医療有資格者と対等に業務を遂行するために医学的に知識なども徐々に必要となってきます。勤続年数が経てば、診療費の請求業務(レセプト請求)にも携わることとなり、請求にあたっては、医師看護師と同等の医学的知識を広く浅く求められることになりますので、日ごろから医療情報にはアンテナを張り、情報収集に努めていただけるといいかなと感じております。

当院の医事課職員は、ベテランから中堅、入職数年と豊富な経験を積んだ職員が多数在籍しています。後輩への指導も時には厳しく、特にはやさしく面倒見が良い先輩がたくさんおりますので、安心して入職をして頂きたいと思います。

皆さんと、一緒に働ける事を待ち望んでおります。
自分の夢に向かって頑張って下さい。

医事課 課長 佐藤健

医事課で活躍中の木村 結女さんにお話を伺いました!

医事課事務

  • Q

    医事課職員を目指そうと思ったきっかけは何ですか?
  • 子供の頃にケガなどで病院に通院することが多かったのですが、そんな時に、親切・丁寧に接してくれた受付スタッフの方がいて、そこから医療事務に興味を持ちました。
  • Q

    津田沼中央総合病院を選んだきっかけは何ですか?
  • 専門学校の先生と、進路相談をしたところ、津田沼中央総合病院を勧めてもらいました。
    病院見学に行った際、正面玄関前にいた警備員さんが明るく挨拶をしてくれて、また見学中に見かけた職員の方々が患者さまに明るく丁寧に対応している姿を見て、良い印象を持ったので、ココを選びました。
  • Q

    この仕事で身につくスキルはどんなものがありますか?
  • 医療従事者(医師、看護師、技師など)とのコミュニケーション能力、健康保険の種類、公費医療の種類、限度額適用認定証の取り扱い方法、DPC制度について、医療費の請求までの流れ、医学的知識、医療・介護等の医療制度や手続きについて、各種書類の申請・取り扱い方など、様々なことが学べます。
    また、接遇スキルが身につくことなども重要なポイントです。
  • Q

    所属長や先輩職員のみんなとの関係はどんな感じですか?
  • 一日の業務の流れを教えてもらったり、分からないことがあれば気軽に質問できる雰囲気です。
    また、お昼休みや業務終了後に先輩方と仕事やプライベートの相談や何気ない会話が楽しく出来ますし、やさしい先輩が多いですよ!
  • Q

    津田沼中央総合病院の魅力を紹介してください!
  • 上尾中央医科グループ行事として、バレーボール大会や病院対抗の運動会が毎年開催されており、スポーツに熱心な病院です。当院はJR津田沼駅から徒歩6分で、通勤に便利で、駅周辺には美味しいラーメン店や、ベーカリー、パティスリー、焼肉店などがたくさんあります。
  • Q

    これから医療事務職員になる方へメッセージをお願いします!
  • 診療報酬明細書(レセプト)請求期間は、忙しく大変なこともたくさんありますが、自分のスキルアップのためと考えると必要な時間だと思います。
    受付窓口業務を行っていると、患者様や利用者様から感謝のお言葉をもらうことがありますが、非常に嬉しい気持ちと自分が頼りにされていると感じる瞬間です。
    医事課の先輩方は、時に厳しく、時に優しく毎日たくさんのことを教えてくださり、多くのことを学べる環境です。
    皆さんとこれから一緒に仕事が出来たら本当に嬉しいです!

健康管理課 所属長よりメッセージ

健康管理課 所属長

『人の役に立つことが実感できる仕事』



健康管理課では、全国の健康保険組合や共済組合・近隣の自治体や企業、各種団体などから個人に至るまで、皆さまの『健康』に関するさまざまなニーズにお応えし、各種健康診断を提供しています。

当課スタッフは、利用者様に良質な環境の中で、安心して利用できる質の高い健診施設を目指し、日々務めております。

予防医学は早期発見、早期治療が目的であり、その需要は、年々高まってきております。家族・会社を守る、地域社会の貢献、人の役に立つことが実感できる仕事です。意欲のある方と是非お仕事をしていきたいです。

健康管理課 係長 石川友則

健康管理課で活躍中の木村 文香さんにお話を伺いました!

津田沼中央総合病院-健康管理課事務

  • Q

    病院事務職員を目指そうと思ったきっかけは何ですか?
  • 母が医療事務職員として働いている姿を小さい頃から見ていて、自分も患者さんに安心を与えられる仕事がしたいと思ったからです。
  • Q

    津田沼中央総合病院を選んだきっかけは何ですか?
  • 専門学校の1年生のときに津田沼中央総合病院で実習をし、受付の方の明るい雰囲気を見てココで働きたいと思いました。
  • Q

    この仕事で身につくスキルはどんなものがありますか?
  • 生活習慣病棟の病気にかからないためにはどのようなことに気をつけたら良いかということなど健康管理課特有の知識を学べます。
    また、健康管理課専属の健診Drが受診者の方に話している内容からいろいろと学ぶこともできます。
    接遇マナーなどのスキルも身につきますよ!
  • Q

    どんなことを心がけてお仕事していますか?
  • 常に受診者さんの立場になって、どんな接し方、案内をすれば気持ちよく健診を利用していただけるか、ということを考えながら仕事しています。
  • Q

    所属長や先輩職員さんとの関係はどんな感じですか?
  • 分からないこと、不安なことがあればすぐに相談しています。
    先輩方は色々なことを教えてくれて、一緒に解決策を探してくださいます。
    所属長は仕事の面で困っていることがないかと聞いて下さいます。
  • Q

    これから病院事務職員になる方へメッセージをお願いします!
  • 病院に来院された方が一番初めに接するのが医療事務職員だと思います。不安そうな顔をした患者さん、受診者さんの気持ちが少しでも軽くなるお手伝いが出来る仕事だと思っています。
    津田沼中央総合病院で医療事務員として実際に働き、笑顔の大切さ、相手のことを考えた対応の大切さを、身をもって学びました。
    これから医療施設の事務書院となる方も、『笑顔』と『相手の立場に立って考えること』を忘れないで下さい。

▲ページのトップへ