受診・入院のご案内

DPC導入のお知らせ

平成20年7月1日より、入院診療費の計算方式が変わります。

平成20年7月1日より津田沼中央総合病院の入院医療費を、包括評価による「定額払い」という新しい会計方式=診断群別定額払い方式(DPC)に変更いたします。

この会計法式(DPC)は、平成15年度から大学病院や国立病院などの高度先進医療を行っている特定機能病院を対象に実施されておりましたが、厚生労働省の事前調査に協力してきた一般医療機関のうち一定の基準を満たした病院が施行する事になり、津田沼中央総合病院でも診断群別定額払い方式(DPC)による入院医療費の会計方式を導入することになりました。

DPCとはDiagnosis Procedure Combinationの略で患者さまの病名や症状をもとに手術などの診療行為の有無に応じて、厚生労働省から定められた1日当たりの診断群分類点数をもとに医療費を計算する新しい会計方式です。

DPCイメージ図

上記のように、手術やリハビリ等は、従来の請求と同じく出来高となります。また、検査・注射・お薬等は1日当たりの包括点数に含まれる事になります。

▲ページのトップへ

DPC包括制度のQ&A

Q. DPC包括制度評価の会計方式とはどういうものですか?

A. 従来、津田沼中央総合病院の入院会計度と呼ばれ、お薬・注射・検査など実施した項目を積み上げて計算すは出来高払い制るものでした。これに対して包括評価では、患者さまの病名や症状をもとに医療費を計算するという計算方式です。

Q. すべての入院患者さまがこの制度の対象となるのですか?

A. 津田沼中央総合病院の一般病棟に入院される患者さまは、すべて包括評価の対象となります。例外として下記の場合は従来通り出来高払い制度の対象となります。

1.
労務災害、交通事故等の自由診療で入院した患者さま
2.
病名が診断群分類に該当しない患者さま
3.
入院後24時間以内に亡くなられた患者さま
Q. 医療費の支払い方法はどう変わりますか?

A. 従来通り、月毎の支払い(退院の時には退院時)である事に変わりありません。

Q. 長期に入院しても1日当たりの点数は同じですか?

A. 1日当たりの点数は、診断群分類毎に3段階に区別されており、入院が長くなるほど1日当たりの点数は安くなります。また、入院が長期にわたり診断群分類ごとに定められた入院日数を超えてしまうと出来高計算になります。

Q. 診断群分類(病名)の途中変更はどうなるの?

A. 診断群分類(病名)は1回の入院で1つだけとなります。しかし、入院したときの診断群分類(病名) が退院するまで同じとは限りません。検査等の結果によっては診断が変わる可能性もあります。また、そもそも診断群分類(病名)は、入院期間中に最も医療資源が投入された傷病名をもとに決定されます。個別の患者さまの変更についての詳しいことは主治医までお尋ねください。

Q. 月が変わってから途中変更になった場合はどうなるの?

A. 診断群分類の確定時期は退院の時ですが、2ヶ月以上にまたがっての入院される場合は、各月毎に決定します。退院の月に、前月までとは異なる診断群分類に変更された場合は、退院時に入院日まで遡って変更に伴う診療費の差額調整を行います。詳細は主治医または医事課入院担当にお尋ねください。

Q. 入院の途中で別の診療科に変わった場合はどうなるの?

A. 複数の診療科それぞれで診断群分類を決定し、その中で入院期間中に最も医療資源が投入された診断群分類をもって決定されます。

Q. 特定疾患(公費)をもっていますが、その時の支払いは?

A. 特定疾患(公費)の傷病が、入院の主たる治療目的である場合は、包括評価になっても公費適応になります。

Q. 高額医療費の扱いはどうなるの?

A. 従来通り、高額医療費制度の取り扱いについては変更がありません。

Q. 早く退院させられる事はありませんか?

A. 入院・退院の判断は医師が医学上の判断に基づいて行います。医療の必要があるにもかかわらず早く退院をお願いする事はありません。

Q. なぜDPCを始めるのですか?

A. 一般診療的な急性期医療、例えば捻挫や骨折や風邪や肺炎や急性虫垂炎、というような急性期医療のデータを集め、全国どこの病院でも標準的な治療を患者様に提供するためです。

▲ページのトップへ