部門紹介

骨密度

骨密度検査について

検査概要

骨密度とは、骨の中に含まれるミネラル量のことであり、骨のミネラルとは主にカルシウムのことです。

カルシウムが少なくなると、骨がもろくなり、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という病気になり、骨折しやすくなります。

現在、高齢化の進む日本では増加傾向にあり、総人口の10%の約1,300万人が骨粗しょう症と言われています。

骨折しやすい部位として、腰椎や大腿骨頚部などが挙げられますが、当院では、骨折しやすい部分の骨密度を測定することができ、測定値の正確さと再現性の良さを特徴としたDEXA法と呼ばれる測定方法にて測定を行ないますので、骨粗鬆症の予防や早期発見への役割を果たしています。DEXA法とは二種類のX線を照射し、骨がどのくらいX線を減弱させたかを測定する方法で、他の検査法よりも、再現性の点で優れています。

検査中は痛みを伴いませんので、体の力を抜いてリラックスしてください。

ベットに仰向けに寝て頂き、検査時間は約10分~15分です。より正確な情報を得るため、検査中は体を動かさないようにしてください。

検査概要

検査概要

検査概要

検査時の注意事項
  1. 骨密度検査を行う際に、撮影部位にある金属類、湿布等は検査の妨げとなる為、外してください。
  2. 検査着に着替えていただく場合があります。
  3. 妊娠中または妊娠の可能性のある方は、必ず検査前に医師・担当技師にお知らせください。
  4. 撮影部位に体内金属がある場合は、担当医・担当技師にお知らせください。
  5. バリウム検査、造影検査を行った後は骨密度検査を行えない場合があります。

▲ページのトップへ