部門紹介

透視

透視検査

上部消化管検査とは?

上部消化管検査とは?

上部消化管検査とは?

上部消化管検査とは?

上上部消化管とは、食道、胃・十二指腸の総称です。
上部消化管の病気は、ガンや潰瘍が最も重大な病気であり、それらを見つけるための検査となります。
検査は検査台の上に立ち胃を膨らませるため、発泡剤(炭酸)と“バリウム”という造影剤を飲んでいただきます。その後、胃の壁にバリウムをよく付着させ、体の向きを変えながら検査し写真を撮ります。食道や胃の壁や臓器の形態を調べて粘膜の微細な凸凹やひだのひきつれなどから、胃の状態、病気の有無、場所、大きさ、深さなどを知ることができます。

検査前日・当日の注意事項
1.
前日の午後9時以降から検査までの間は、食べ物・飲みものはお控えください。
2.
普段飲んでいるお薬は医師の指示がない限り通常通りお飲みください。(糖尿病でインスリン注射をしている人は医師に必ずご相談ください。)
3.
タバコは胃液の分泌をうながすため、吸わないでください。
4.
金属またはプラスチック類(ボタン等)は、検査の妨げになりますので検査着に着替えてください。
5.
妊娠もしくは妊娠している可能性のある方は、検査できませんので事前にお申し出ください。
6.
検査後は造影剤(バリウム)が残らない様に下剤をお渡ししますので、なるべく早く飲んで、当日は水分を多く摂ってください。
7.
消化管の動きを抑えるために鎮痙剤を使用することがあります。鎮痙剤を使用する場合は、目のかすみや眩暈などを引き起こす可能性がある為、検査当日は車・バイクの運転などはお控えください。
8.
造影剤(バリウム)に対する過敏症や、以前に検査を受けられ体調を悪くしたなどの経験がある方は、検査を受けられない可能性があります。心当たりがある方は医師にご相談ください。
大腸検査(注腸エックス線検査)とは?

大腸内に造影剤(バリウム)を投与する事で、大腸の形態や状態を調べます。検査を行うには大腸の中を空っぽにする必要があります。検査前日より検査食を摂っていただきます。
また、腸の通過障害やイレウス(腸閉塞)、穿孔の疑いがある時は、ガストログラフィンという造影剤を使用することもあります。
検査は肛門部より管を入れてバリウムを注入し空気で膨らませます。検査中は事故防止のため、撮影者の指示に従って体を動かしてください。

検査前日・当日の注意事項
1.
前日の午後9時以降から検査までの間は、食べ物・飲みものはお控えください。
2.
普段飲んでいるお薬は医師の指示がない限り通常通りお飲みください。(糖尿病でインスリン注射をしている人は、医師に必ずご相談ください。)
3.
排便はあらかじめお済ませください。
4.
金属またはプラスチック類(ボタン等)は、検査の妨げになりますので検査着に着替えてください。
5.
妊娠もしくは妊娠している可能性のある方は、検査できませんので事前にお申し出ください。
6.
消化管の動きを抑えるために鎮痙剤を使用することがあります。鎮痙剤を使用する場合は、目のかすみや眩暈などを引き起こす可能性がある為、検査当日は車・バイクの運転などはお控えください。
7.
造影剤(バリウム)に対する過敏症や、以前に検査を受けられ体調を悪くしたなどの経験がある方は、検査を受けられない可能性があります。心当たりがある方は医師にご相談ください。

▲ページのトップへ