部門紹介

PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)

PT(理学療法士)とは

動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の
改善を目指します。

<歩行補助具・補装具>

当院の理学療法

当院の理学療法

当院の理学療法

当院の理学療法

当院の理学療法

患者さまの状態に合わせて歩行補助具・補装具を選択します。

<理学療法場面>

歩行練習
歩行練習
階段昇降練習
階段昇降練習

患者さまのQOLに合わせてプログラムの内容を選択し練習を行っていきます。

OT(作業療法士)とは

身体や精神に障害を持つ患者の機能回復から日常生活に至るまでをサポートする専門家です。入浴や摂食、更衣等の日常生活動作から職場復帰に至るまで作業療法士は関わっていきます。

<OT物品>
歩行練習
患者様の能力に合わせて物品を選択します。
<作業療法場面>
階段昇降練習
物品を使用した上肢機能訓練

ST(言語聴覚士)とは

当院の言語聴覚療法(Speech therapy、ST)は脳卒中や脳外傷後等の失語症や発音障害に対して、コミュニケーション能力を向上させ、各患者様に適した生活を築くことを支援させていただきます。また、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)に対して、評価とその治療と適切な摂食方法を提案させていただきます。

<個別訓練室>

歩行練習
集中できる環境で発声訓練や会話練習を行います。リハビリテーション室内に個人訓練室が5部屋あり、PT・OT・STが同じ空間で治療が出来ます。
階段昇降練習
絵カードを用いた言語訓練場面

▲ページのトップへ