部門紹介

整形外科

医師紹介

倉本 和典  診療部長
倉本 和典
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
新井 通浩  部長
新井 通浩
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
津島 秀行
津島 秀行
日本整形外科学会専門医
清水 大
日本整形外科学会専門医
深井 彰
深井 彰
日本整形外科学会専門医
日本医師会認定 健康スポーツ医
加藤 敦史
加藤 敦史
整形外科学会専門医

当院は日本整形外科学会認定研修施設であり、救急外傷と慢性疾患の殆どを扱っています。
整形外科の年間手術数は約300~400例であり、大腿骨近位部骨折をはじめとして四肢の外傷、足の外科、脊椎疾患、股・膝関節疾患、およびスポーツ外傷など、ほぼ整形外科全般の疾患に対応しております。
外来診療は、現在5名の常勤医と複数名の非常勤医で行っております。
診療についての基本方針としては、手足や腰が不自由な患者様の最善の治療を、患者さんと治療を共有し最善の治療法を選択していきたいと努力しております。
整形外科の治療法には、大きく分けて保存療法(手術をしない方法)と手術療法があります。それぞれのメリット、デメリットを常に考え治療方法を選択しています。

骨折などの外傷(けが)

骨折については、ギプスなどで治療できる場合と手術をした方が良い場合があります。個々の患者さんの状態に即した治療法を選ぶように最大限の努力をしています。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。

変形性関節症

薬や運動療法、関節注射、日常生活指導などを行います。痛みが強く、日常生活が不自由な場合は人工関節などの手術を行います。

脊椎の疾患

薬物療法、リハビリ、仙骨・硬膜外ブロック、神経根ブロックなどの保存療法で治らない場合に手術を選択します。手術前にはMRI、CT、脊髄造影検査、選択的神経根造影検査などを行って、「どこをどのように治療すれば最良の治療法であるか」を徹底的に検討しています。

関節リウマチ

患者さんの年齢と症状に応じて薬物療法、生活指導、リハビリを行います。関節の破壊を伴った場合には、保存的治療では限界があり、手術でADLの改善を図ります。

骨粗鬆症では薬物療法と最新の骨密度測定器(DEXA法)による定期的なフォローアップ、さらに小児整形疾患(先天性股関節脱臼等)や骨軟部腫瘍に対して非侵襲の超音波エコーによる診断なども行っております。

▲ページのトップへ