部門紹介

内科

医師紹介

須田 明
日本内科学会認定医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
産業医
櫻井 健二
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
佐仲 雅樹
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
野口 久
日本内科学会認定医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会指導医
産業医
寺本 清美
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
産業医
小林 伸哉
日本内科学会認定医・指導医
産業医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
木村 裕行
田所 洋行
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
磯野 紀子(イソノ ノリコ)
日本内科学会認定医
日本血液学会血液専門医
渡辺 英綱(ワタナベ ヒデツナ)
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本糖尿病学会認定専門医
日本腎臓学会認定専門医
日本医師会認定産業医

内科では地域に根ざした医療の実践を目標に掲げ、外来、入院診療、救急医療および訪問診療に力を注いでいます。
幅広く、全身管理を行うことに加え、各医師の専門分野に応じた医療を提供しています。

呼吸器疾患

急性気管支炎、肺炎、非結核性抗酸菌症、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等の診断および治療を呼吸器専門医2名体制で行っています。また、肺癌などの腫瘍性疾患についても呼吸器外科専門医、腫瘍内科専門医と協力して診断、治療を行いますが、高度進行癌については大学病院等へご紹介させていただきます。
喫煙が、心血管病の危険因子として認識されつつあります。この観点に立ち、禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群外来も行っています。

消化器疾患

消化器疾患の診断治療を行っています。外科治療の必要性が生じた場合は、外科と協議して、速やかに、かつ良質な医療を提供すべく、外科との円滑な連携を図っています。

血液疾患

貧血、出血性疾患等の血液関連疾患を中心に、幅広く診療しています。集学的な高次医療を要する白血病等は、大学病院等に紹介しています。

代謝疾患

糖尿病、脂質異常症等の診断治療を行っています。入院加療を要する糖尿病の症例に対しては、入院パスを導入し、最短期間で合併症評価、治療方針決定を行っております。また、院内では医師による糖尿病教室を、そして外来では患者会(菜の花会)も定期的に開催しています。

腎疾患

軽度の尿異常の段階から、早期に診断治療を開始して、腎不全の予防を行っています。しかし、あらゆる治療法を行っても、腎臓病の進行を止めることができず、末期腎不全となった場合には、保存期腎不全治療、シャント作成、透析導入に至るまで、院内で完結する体制を整えています。そして、透析導入後も質の高い生活が送れるよう努めています。

高齢者医療

急性期治療を経て、慢性期に至ると、運動機能、栄養管理、介護など、高齢者特有の問題が生じてきます。慢性病棟を有効に活用しつつ、患者様ご家族、医療相談員(ソーシャルワーカー)、リハビリテーション科スタッフ、在宅療養部スタッフ、ケアマネージャーを交え、近隣の施設などとも連携し、療養環境の向上に力を注いでいます。

内科スタッフ一同、地域のニーズに応えることのできるよう努力しています。

>>フットケア外来はこちら

▲ページのトップへ